ゴールドシップとジャスタウェイの凱旋門賞参戦が決定

ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールドシップ(牡5)とジャスタウェイ(牡5)、須貝厩舎に所属する2頭の2014年凱旋門賞参戦が23日に決定しました。

道悪の安田記念を勝利したジャスタウェイ、宝塚記念を圧勝したゴールドシップ。両馬とも凱旋門賞への一次登録は済ませていましたが、正式な参戦については明言をしていませんでした。

しかし23日、須貝調教師から2頭とも凱旋門賞に参戦をするという発表がありました。須貝師によると、両馬は仲が良いため、他の帯同馬は連れず、この2頭で、凱旋門賞の2週間前をメドに渡仏するとのことです。

ゴールドシップは、このあと8月24日の札幌記念(GII)を使う予定。鞍上は札幌記念、凱旋門賞とも、横山典弘騎手になる模様です。なお、同じく凱旋門賞に参戦予定のハープスター(牝3・松田博)も札幌記念に出走を予定。北の大地で凱旋門賞の前哨戦が行われることになりそうです。

ジャスタウェイは、凱旋門賞に直行予定。鞍上は福永祐一騎手に戻るとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。