札幌記念など、注目の前哨戦に凱旋門賞有力馬が多数出走

ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週は凱旋門賞有力馬が出走する前哨戦が、ヨーロッパや日本で多く行われます。

まず20日(水)に、イギリスのヨーク競馬場で英インターナショナルS(GI・芝約2080m)が開催されます。このレースには、英ダービーと愛ダービーを連勝しているオーストラリア(牡3・愛国)が出走予定です。

凱旋門賞の前売りオッズで、19日現在3番人気タイのオーストラリアは、今回が古馬と初対戦。7月に行われたキングジョージ6世&QエリザベスS(GI)の2着馬テレスコープ(牡4・英国)と3着馬ムカドラム(牡5・英国)を相手に、オーストラリアがどのようなレースをするのか注目されます。


インターナショナルSの翌日21日(木)には、同じヨーク競馬場でヨークシャーオークス(GI・芝約2400m)が開催されます。

このレースには、タグルーダ(牝3・英国)が登場。ウィリアムヒルの同レース単勝オッズでは、19日現在1.28倍と人気を集めており、上記したキングジョージ6世&QエリザベスSを圧勝したタグルーダにとって、ここはどのように勝つのかが注目される一戦となりそうです。


そして今週末24日(日)は日本で注目のレースが開催。札幌競馬場で、ゴールドシップ(牡5・須貝)とハープスター(牝3・松田博)が出走する札幌記念(GII・芝2000m)が行われます。

両馬ともこのレースに向けて順調な仕上がりを見せている模様。他にもロゴタイプやトウケイヘイロー、ホエールキャプチャなど豪華なメンバーが出走を予定しています。凱旋門賞を前にどのようなレースをするのか、いまから非常に楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。