【コラム第一回】オルフェーヴルの「運」

2013年凱旋門賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、佐藤幸一です!

このたび、競馬オープンコンテンツKOCの凱旋門賞特設サイトをオープンするにあたり、凱旋門賞についてのコラムを執筆することになりました。

まだ日本馬が勝利したことがない凱旋門賞。

そこで「凱旋門賞への挑戦 2013」と題しまして、日本馬の凱旋門賞挑戦、そして願わくば制覇をこのコラムで追っていきたいと思います。

第一回の今回は、

昨年に続き挑戦する予定のオルフェーヴルの「運」について書いていきます。

おいおい、最初からオカルトかよ!

と言われそうですが、昔から勝負事には実力の他に運が必要と言われていますよね。

その運がオルフェーヴルから無くなってきてしまっているのではないか

と思うのです。

昨年の凱旋門賞、勝利目前で差されての2着。

昨年のジャパンカップ、直線不利を受けての2着。

そして、今年の宝塚記念、肺出血で出走辞退。

今の所、凱旋門賞への出走を陣営は表明していますが、無事出走までたどり着けるのか、この馬に関してはまずそれを心配してしまいます。

この不運、歯車の狂いは、世話になった人、

ずばり池添騎手への陣営の不義理から来ていると僕は思っています。

別に、僕は、スミヨンが嫌いなわけでもないし(どちらかと言えば好き)、池添騎手が特別好きなわけでもありません(どちらかと言うとゴール後のパフォーマンスは嫌い(笑))

ただ、昨年のフォア賞、凱旋門賞のスミヨンへの乗り替わり、

そして今年もスミヨンで凱旋門賞に臨むと表明した陣営の、

池添騎手への不義理は酷いものがあると思います。

昨年、天皇賞春を凡走させた責任は池添にあったでしょう。

阪神大賞典で工夫もなく簡単に逸走させ、その結果、天皇賞春に向けて余計な試験やら対策やらが必要になり、それが原因でオルフェーヴルは天皇賞春で惨敗しました。

しかし、その後の宝塚記念では、見事に復活。

池添の騎乗も見事でした。

十分に反省し、対策を見直し、ものすごい重圧を跳ね返しての勝利。

僕も感動させてもらいました。

けれど、その後に待っていたのは、凱旋門賞への乗り替わり通告。

そして、昨年のジャパンカップで鞍上は池添に戻ります。

結果は2着と負けましたが、今年の大阪杯では絶対負けられないレースをきっちりと勝たせ、オルフェーヴルに騎乗するためにと、春のクラシックシーズンを捨ててヨーロッパへ修行にも出発しました。

しかし、待っていたのは、またもや、凱旋門での鞍上はスミヨンに決定という通告。

海外のレースだからと乗り替わりの理由はいくらでもあるでしょう。

しかし!

どれだけ、冷酷なんだ、と思わずにはいられません。

それと比較すれば、今年宝塚で見事復活したゴールドシップと内田博騎手、次回書こうと思っていますが、日本ダービーを制したキズナと武豊騎手、などなど、安易な乗り替わりをぜずに、大レースを制した例は枚挙にいとまなしです。

全てはもう今更ですが、この運気の低下はなかなか戻らないのではないでしょうか。

僕としては、レースの勝ち負けよりも、まずはオルフェーヴルの無事な凱旋門賞への出走、帰国を願うばかりです。

と、いきなり暗くなってしまいまして、すみません。

次回以降は、なるべく明るく、そして時にはシリアスに、

凱旋門賞について書いていきます。

後、3か月ちょっと、お付き合い、よろしくお願いしま~す。^^


筆者:佐藤 幸一

筆者紹介

JRA日本中央競馬会の馬券投票システム等の構築に携わった後、競馬ポータルサイトnetkeiba.comでプロデューサー業を務める。

現在は競馬オープンコンテンツKOCのプロデューサー。

競馬ファン歴は20年以上で最初の競馬場観戦はサクラチヨノオーが勝った日本ダービー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。