国際競馬と凱旋門賞

凱旋門賞概要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬が行われたことを示している最古の記録は、
1540年イギリスにおいてだと言われています。
イギリスのチェスター競技場では正式なルールと専用の施設が備えられる競馬場の端緒となるもの開かれました。
 
ヨーロッパでは以降、競馬が盛んにおこなわれるようになり、
17世紀後半には競走馬の品種改良の末に、サラブレットが誕生しました。
日本においての競馬は外国人居留地において行われていた近代競馬が元になっており、現在では日本中央競馬会や地方公共団体による競馬が主なわわれています。
 
歴史的には日本競馬界が1936年に発足するも第二次世界大戦の影響により
競馬は中止しており、戦後日本競馬会は解散することになり、
国営競馬が発足し、その後日本中央競馬会が発足することとなりました。
 
日本では凱旋門賞は国際的なレースと紹介し、
世界的な権威あるレースとであるとしています。
イギリスのダービー、キングジョージ6世&クリーンエリザベスステークス、
凱旋門賞の3つをしてヨーロッパ三冠と日本では称しているのです。
 
日本の国際競馬であるジャパンカップは日本の最高金額の賞金が出るレースで凱旋門賞の役7週間後に開催されますが、この時凱旋門賞出走馬が招待されています。
 
2003年からはジャパンカップ褒賞金制度において出走を促す傾向にあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。