ヨーロッパ競馬

凱旋門賞概要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬においては三冠という言葉が良く使われ得います。
三冠の由来はイギリスのクラッシック競走である、
2000ギニー・ダービー・セントレジャーステークスを指して
三冠と呼ばれるようになりました。
 
ヨーロッパ三冠はダービー・キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス・凱旋門賞がこれにあたります。
このほか、各国の競馬において代表的なものが三冠として称されています。
 
ヨーロッパ競馬は競馬のルールと品種改良が大きな注目点と言えるでしょう。
16世紀にイギリスにおいて競馬が盛んに行われ、軍馬として利用されていた馬が質の向上と娯楽のひとつとして競馬が行われるようになりました。
ルールや施設が作られ近代競馬の基礎となっていきました。
 
17世紀にはフランスにおいて競馬が行われるようになり、
1863年にはフランス初の国際レースとしてパリ大賞が創設、
1920年に凱旋門賞が創設されました。
 
17世紀からはダーレーアラビアンやバイアリーターク・ゴドルフィンアラビアン等サラブレットの血統の租となる馬が登場してきます。
18世紀にはアイルランドが、19世紀にはドイツ、イタリアにおいて競馬が行われるようになりました。
 
また、イギリスやフランスの植民地でも競馬が行われるようになり、
世界に競馬が広がる起点となりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。