フランスの競馬

凱旋門賞概要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランスの競馬のはじまりは貴族やイギリスの大使によって近代競馬がもたらされたことにはじまり、ナポレオンが軍馬の品種改良を目的に戦争で中断されていた競馬を復活させました。
 
フランス種馬改良奨励協会が設立され、シャン・ド・マルス競馬場にて競馬を開催。
以後シャンティイ競馬場で競馬が開催、
1857年にはロンシャン競馬場が建設されました。
 
ロンシャン競馬場では初の国際競走であるパリ大賞典が、第一次世界大戦後には凱旋門賞が創設されフランスの注目される権威のある競走がおこなわれています。
フランスでは日本と同様に競馬は特別法によって運営されており、掛けごとは禁止されています。
駈歩競走は統括をフランス・ギャロがになっており、
ファンには富裕層が多くなっています。
凱旋門賞など格式の高いレースではエレガントな富裕層の社交場ともなっています。
 
エルメス杯では華やかな帽子をかぶりドレスアップした女性が多く参加しているのが特徴です。
日本と比べて子供や女性が多くなっているのを感じられるでしょう。
 
かつてはイギリスの競馬に対して後進国となりイギリスのサラブレットを輸入していましたが、現在ではノルマンディー地方を中心とした地域で競走馬生産頭数が多く、サラブレット生産頭数ではヨーロッパの中で3位をほこり、外国への輸出も多くなっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。