日本からジャスタウェイ、ハープスターなどが凱旋門賞に登録

ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年凱旋門賞の第1回出走登録が5月14日に締め切られました。

日本からは以下6頭が登録。

ゴールドシップ(牡5・須貝)
ジャスタウェイ(牡5・須貝)
デニムアンドルビー(牝4・角居)
ハープスター(牝3・松田博)
プレイアンドリアル(牡3・川津)
レッドリヴェール(牝3・須貝)

海外からは、昨年の凱旋門賞を勝ったトレヴ(牝4・仏国)など107頭が登録。日本馬を合わせると113頭が第1回出走登録をしたことになります。

最初の登録取り消し発表は9月30日。なお、第1回登録を行っていない馬は、追加登録料を支払うことで出走することができます。昨年の優勝馬トレヴは、10万ユーロ(約1300万円)の追加登録料を払って出走しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

まだコメントがありません。